甲斐犬さくら便り日記

さくらとケンの間にはじめての仔犬が誕生し、我が家に残しただいすけと新しく家族に迎えた芽衣の日々をつづったブログがメインのサイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の命日

昨日12月2日は母の命日でした。
お墓はありません、名古屋の東別院に納骨してあるのでお参りは別院に行きます。
昨日はちょっと忙しく時間が無かったので行けませんでした。
家で母の写真にお線香をあげてお参りしておきます。
母が亡くなって19年、早かった気がします。
脳腫瘍が見つかって5ヶ月でした。
当時はMRIのある病院も少なかったのですが小牧市民病院にはMRIとガンマーナイフがあるので紹介していただき入院することができたのですがMRIでの検査が出来なかったのです。
4ヶ月先まで予約が・・・しかも「脳ドッグ」でいっぱいだったので病気の人が使えない状態だったのです。
CTで見て行くしかなく抗がん剤と放射線治療で殆ど分からないくらいに小さくなったのです。
ガンマーナイフは使えない位置でした。
一度は退院して家に帰る事もできたのですが再発は早かった。
覚悟はしておくようにとは言われていましたが私は母がこんなに早く逝ってしまうなんて考えられない事でした。
もっと年を取ってから亡くなるんだ・・・って決めていたように思います。
末っ子で甘えん坊な私はいつまでも心配をかけていたんでしょうね。
母の最期の言葉は私にではなく主人に「身体に気をつけないかんよ」
病気のために私の事は誰だか分からなくなっていたのになぜ主人だけ分かったのか不思議です。
それだけ気になっていたんでしょう。
毎年、1日の夜から2日の早朝にかけて寝付かれないのです。
母の亡くなった時間が近くなるからなんでしょうか。


実


これは ”のうぜんかずら” についていた実です。
初めて見ました。
葉っぱがおちるので切っていたらこんな実が付いてるのをみつけてそのままにしておきました。
母が田舎の秋田から持って来たものを私は実家から持ってきて植えたのですが家を建て替えるときに抜いたのですが根が残っていたのか自然に出てきたんです。
生命力の高さに驚きましたが今では夏の日陰に役立ってくれてます。
母が好きだった花なので大事にしていきます。
この実はどうなるのか楽しみでもあります。
母の事を書いたのは初めてなんですがなんでだろう・・・この実があったから書く気になったのかもしれない。

今日はちょっと重かったかな・・・


昨日はテレビで楽しませてもらいました。
コテツおかんさんのキレイだった事、おとんさんが見れなかった事。
一番はコテツくんがみんなの期待通り頑張ってくれたし、サムライ魂を見せてくれた事。
途中でトンズラ・・・なんて事もやってくれて楽しかった。
ありがと~ コテツ家さん。
スポンサーサイト

コメント:

NO TITLE

私の母は未だ健在です。 そのまた母(祖母)も未だ健在です(^^ゞ もぅ90代
自分が母親になって色々気づく事が色々ありました。
振り返ってみればまぁ本当に色々と(^^ゞ
自分の娘をみてると「あぁー似たようなことやってんなぁ」と苦笑です。
父は去年に勝手に旅立ちました。 というのも10年来音信不通関係だったので、いわゆる「孤独死」でした。(自分で蒔いた種)
それでも、最終的に子供たちと元妻に見送られるという幸せなおやじだったと思います。
その日がいつなのか誰にもわかりませんが、誰でもその日が来るのだと心のスミにφ(..)して毎日楽しく暮らしていけばいいなぁーと思う年齢に私もなってきましたwww

NO TITLE

いくつになっても…親がいるのはありがたい事ですね~
バリバリ仕事していた母の手を借りる事がなく育った気がするけど…
最近、義母の介護をしだした私に時々オカズを作ってくれる母です(笑)
父は次男が小学1年のときに癌で他界しました。
次男の誕生日5日前に危篤「今夜が山です」と、お医者様から言われ…
次男の誕生日は…きっとバタバタしててお祝いできないな~と思っていたら…
誕生日、意識はなかったですが病室にケーキを持ち込み誕生祝いがきた。
そして…次の日に亡くなった父。。。
きっと…一番小さい孫が気になっていたのでしょうね。
亡くなった一日前の次男の誕生日が命日になった父(宗派で違うのでしょうか)
我が家では…父の命日は、法事の後、次男の誕生会をやってます。。。
絶対…子供たちもおじいちゃんの命日は…忘れません!

父の10ヶ月前に他界した義父…気を付けてないと命日…うっかり…なんて………

NO TITLE

ママさんがお母さんを亡くされた年齢と、
かあちゃんが母を亡くした年齢は、きっと近いと思います。
そう、もっと年をとってから亡くなると勝手に思ってました。
かあちゃんの父がすい臓癌で他界し、その3ヶ月後に
母はくも膜下出血で逝きました。
同じ年に仲良く。
いろいろタイヘンだったけど、今は穏やかです。
テツのことを見てもらいたかったけど^^
花を育てるようになったのも、
母が育てていた植物がそのままだったから。
水をあげていたら、なぜか夢中になってました^^
お墓行ってこようかな・・・・・・・
たまに散歩で通るんですけど。
「ばあちゃん!テツ来たよ!」ってお墓に向かって
言ってます^^

花梨ママさんへ

お婆ちゃまもご健在なんですね。
家の舅92歳、姑90歳なんですよ。
自分の親だけは死なないなんて勝手に思っていたのが私の母は69歳で逝ってしまった。
早い!!って思うけど姉は54歳でした。
姉の年を越えた自分を姉のぶんまで生きて行こう・・・そんな毎日です。
ママも毎日を楽しんでくださいね。

才蔵日和さんへ

お父様の亡くなった日と次男さんの誕生日・・・
家の母は甥の誕生日に逝きました。なんでこの日なの・・って甥は泣いてました。
高校生だった彼は期末テストの最中で大好きだった祖母の死を受け止めるのに大変でした
きっと忘れないでねって言う祖母の思いだったのでしょうか。
ママさんも介護疲れしないように適当に息抜きしてくださいね、頑張らない事!!

テツのかあちゃんへ

かあちゃんのご両親は同じ年に亡くなられたのですね。
仲の良いご夫婦だったのでしょうね。
家は母が亡くなって3年後に父が逝きました。
二人とも花が好きで沢山育てていたのですが実家をたたんだ時に父の好きだった椿を持ってきて植えましたがそれを芽衣ちゃんが齧っているんです。
今年も蕾が膨らんできています。
あとは芽衣ちゃんに食べられないようにしなくては・・・
かあちゃん、シーバを見せにお墓参りしてきてくださいな。
きっと喜ばれますよ。

NO TITLE

我が家は3日が父の命日でした。
私は会社のイベントで出勤だったためお参りできませんでした…
父は17年前に51歳の誕生日を迎えてすぐにリンパ腺腫瘍で他界しました。
まだ22歳だった私は何もわからず、オロオロするばかりで当時のことは
よく覚えていません。ただ、下の子を妊娠中だったため、お通夜や葬式にも
参加させてもらえず、家で1人泣いてたことだけ覚えています。
中学高校とヤンチャして親にも相当迷惑かけてしまったのに、何の恩返しも
できないまま、後悔ばかりしています。
現在は1人残されてしまった母と同居していますが、腎臓病を患ってるし
もう66歳という年齢なので、今回こそは後悔のないよう、しっかり親孝行
していこうと思ってます(o^-^o)

生命力の高いのうぜんかずら、きっとさくらママのお母様のかわりに見守って
くださってるんじゃないかな?大事になさってくださいネ
親にとって子供はいつまでたっても子供…
親の持つ子供への愛情って素晴らしいものがありますよね。

NO TITLE

yoshiが父を亡くしたのは20才のときでした。
ファザコンだったyoshiはどうしたらいいのかわからず、苦しかったです。
鼻の頭に出来た数ミリの腫瘍で父は全身転移しました。
それでも医療に携わっていた父は気丈でした。
一番つらかったのは家族で父の病気を隠していたこと。
今考えるとバカですよね(笑)医療に携わっている父がわからないわけないのに・・
なくなった後ノ-トに「家族が難病だよ。でも大丈夫と。それならそのままでいよう」みたい
に書いてあったの。

私はね、母より父が好きで・・・母が認知症になり症状がすすんだときどうしていいかわからず、ご両親が元気なmitsuにあたりました。
そのときmitsuが「○ちゃん(私の事)は大好きなお父さんの遺品をすごく大切にしてるよね。
お母さんはお父さんの大切な遺品。今はそう思わない?」と言ってくれたのですごく楽になったんです。幸い母は症状が軽減しています。

のうざんかずらの実、はじめてみました。ママさんのお母さんが見せてくれたのかな。
ありがとう^^

mikazukiさんへ

お父様の命日は3日ですか・・・
命日がくると何故だかあの日を思い出してはもっと何か出来たんじゃないか、母には心残りがあったのではないかと考えてしまいます。
いまさら思っても仕方の無い事かもしれませんがね・・
生きてるうちにもっと親孝行しておけばよかったのに・・・もう遅いよね。
mikazukiさんもお母様を大事にしてあげてくださいな。
腎臓病・・・透析をされているのなら大変だとは思いますけど、頑張りすぎないでくださいね。

yoshiさんへ

yoshiさんはすてきなだんな様に巡り合えてとっても幸せですね。
お母様の事を「お父様の大切な遺品」なんて言ってくださるなんて。
きっとお父様がyoshiさんの事を心配して巡り合わせてくれたんですね。
お母様も今は症状が軽減しているとの事・・・良かったです。
家の姑も今は少し落ち着いてくれています。
施設に入って良かったのかと思っています。

のうぜんかずらの実・・初めて見たんです、今まで40年近く見てきましたが実をつけた事はなかった。
この後どうなっていくのか観察していきますね。

コメント:投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。